30代サラリーマンがアフィリエイトで成功。サラリーマン社会からの卒業

定期預金でお金を増やす

銀行にお金を預けてもお金は増えない

 

「毎日頑張って働いて、コツコツと貯金をしなさい。」

 

僕達は小さい頃から親や先生からそう教えられてきました。

 

 

確かに僕(昭和61年生まれ30代)が生まれるちょっと前や生まれて数年間は銀行にお金を預けていれば、利息だけで生きていける人がいたのは事実です。

 

 

 

「6.330%」

 

この数字は1990年当時の郵便預金(ゆうちょ銀行)の定額貯金(3年以上)の金利です。

 

100万円を5年間銀行に預けているだけで、5年後には136万円(複利で計算すると)になっています。

 

 

 

「0.200%」

 

この数字は2018年8月現在に存在する銀行の、5年ものの定期預金でもっとも高い金利です。

 

この金利で計算すると

 

100万円を5年間銀行に預けているだけで、5年後には101万円になっています。

 

 

↓金利「0.2%」で5年間運用した時の利息

年数 元利合計 利息
1年後 1,002,000 円 2,000 円
2年後 1,004,004 円 4,004 円
3年後 1,006,012 円 6,012 円
4年後 1,008,024 円 8,024 円
5年後 1,010,040 円 10,040 円

複利計算サイト

 

 

 

生まれる時代を間違えた?

 

1990年から見て10年後、いや5年後にはほとんどの銀行の金利が0%代になっており、今なおそれが続いています。

 

メガバンクと言われる銀行の2018年の普通預金の金利は0.001です。

 

100万円を銀行に預けている場合、1年後に1000円利息が付いている計算になります。

 

 

銀行にお金を預けていても、お家の金庫にお金を保管しておいても大した差がありません。

 

定期預金ですら1%以上の金利の銀行が無い今の時代、銀行にお金を預けていてもお金はほとんど増えないのが事実です。

 

 

 

生きている時代によってお金の考え方を変える

 

今30代でバリバリ働いている親世代はお給料を銀行に預けていれば利息だけでもボーナスを超えるくらいのお金がさらに貰えていました。

 

だから、「コツコツ貯金」していれば利息だけで海外旅行や、高級な外食をできたわけです。

 

今は違います。

 

「コツコツ貯金」していても利息だけでは缶コーヒーを飲むくらいしかできません。

 

 

今あなたが20代30代で将来のお金に不安を持っているなら、お金の考え方について、親の考え方をそのまま鵜呑みにするのではなく、お金がどうすれば増えるのかを学ぶべきです。

 


自由を手に入れたい方は必読のメール講座


会社に依存することなく、国に頼ることもない。
  • 住む場所の自由
  • 時間の自由
  • 人間関係の自由
  • お金の自由

4つの自由を手に入れたい方は必ず目を通してください。

橋本雅アフィリエイト講座

※このメール講座は完全無料です。





最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓これからも応援よろしくお願いします↓

人気ブログランキング




ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール 推奨教材 お問い合わせ